「日記」カテゴリーアーカイブ

デスクワーク最適にする

デスクワークする環境は人それぞれ。

以前に比べて見ている表示装置も、まさに多様化しています。PC画面で言うと、はじめは1画面が基本。それが時代と共に、2画面使う人も珍しくなくなりました。そろそろ3画面が標準になる時代なのかなと。

マルチ3画面の環境

色々な資料を並べながら作業していく感じでしょうか。忙しい時代です。

年賀状印刷で、手元の手書き名簿を見ながら画面の入力したアドレス帳に登録するという状況とは違うのでしょう。PC画面については、シニア世代以上の方の場合は、画面までの距離がどれくらいあるのか?で提供するレンズも異なります。

上の例ではノートPCの画面とデスクトップPCまでの画面までの距離が重要な要素です。それが分かれば、さらに「快適」になるメガネレンズ、中近レンズのカテゴリーの中で自身のPC作業環境寄りの、さらにカスタマイズされたレンズもご提案できます。例えばニコン・エシロール社のカスタマイズ系の中近レンズがそうです。

こんなシュミレーションしながら、快適度合いを調整できます。

*営業案内

水・木曜日は定休日です

※10月の第1週目の10月7日(金)は

臨時休業とさせていただきます。

*営業時間

営業時間は10:00~18:00

*ご来店前にお電話を

●ご予約電話 0744-42-7105

営業案内です

お盆期間のご案内です。

*営業案内  

通常は水・木曜日で定休日ですが、

8/15(月)~17(水)の3日間、休業致します<(_ _)>

※緊急時のみ対応できる場合がありますので必要な時はご連絡下さい。(0744-42-7105)

尚、不在の際は、ご案内メッセージのあとに、必ず ①お名前、②お電話と③ご用件を入れておいてください。

8月は臨時休業日がございます

*営業時間

営業時間は10:00~18:00

*ご来店前にお電話を

●ご予約電話 0744-42-7105

禅問答

<前回記事からのつづき...>

6か月という長い期間、左右のバランスが取れない視力の状態が続いてしまい、ご本人も気づかなかった最後の関門となったのが「上下斜位」...

お客様と眼科さんとのやり取りでは、メガネ店で調整してもらって下さい…との事でしたので早速、最善な見え方になるように調整しました。

今まで、ご自身でも気づかなかったお話しですが、

見えにくくなっている事がかなり続いている、

昔からアゴを上げて見るような姿勢‥等

生活(運転・室内生活)、お仕事への復帰と、待っていられない事情も考慮し、一度、上下視線ズレの補正でお試しいたただくことになりました。

予測される結果、「スッキリと」よく見えるは良いとして、直近10日間は左右とも裸眼でボヤケ視界の生活(RLともS-3.50前後)、その前6ヵ月間が、やむなく片眼の白内障手術で左右差大きい不同視状態。今回やっと両眼白内障手術で近視の程度が揃いそうで、新しいメガネで馴染んで行けることを祈りつつ。

眼科さんでは特に言及されていなかった様子ですが、上下ダブりの問題は経過観察が必要であること、念のため、他の科(脳外科)の受診も必要である事もご案内をさせて頂きました。

測定を通じて、そこから何を読み取り、どのようにご案内(ご案内すべきか、否か…)するかは、経験を重ねるごとに難しく感じるこの頃、逆に誰もが通る道ですが、入門したての頃、経験が浅い時代は、知見が浅く、知らないことは案内出来ずというかスルー…. 

まさに煩悩、禅問答のようです。

*営業案内  

明日、明後日は水・木曜日で定休日です

8月は臨時休業日がございます<(_ _)>

8月は臨時休業日がございます

*営業時間

営業時間は10:00~18:00

*ご来店前にお電話を

●ご予約電話 0744-42-7105

白内障術後と日常生活

世間は「夏休み」というのをすっかり忘れていました。ニュースを見てようやく世間の空気(「夏休み」)に近づいたような気がします。

今日は、白内障術後の方のおはなし。

強度近視の方は一般的に白内障術後は裸眼でも多少生活しやすくなるといわれていますが、そのようにいかないケースもあります。

長年強度近視のMさまは、6か月前に右眼のみ目の白内障以外の疾患で手術をされて、同時に白内障もあり、右眼のみ眼内レンズもその時に入れられています。

結果、右は強度近視から、中程度の近視になりました。

それから6か月経て、今度は左眼の白内障手術をされて、結果、右と同程、中程度の近視になられた様子です。

こうなると、強度近視時代のメガネは過矯正となり、しんどくて使えないから術後、状態が落ち着くまでは裸眼で….。でも裸眼では目の前おおよそ30センチくらい前しか明視できず、運転も買い物も自分でできないし、今までのホームセンターのお仕事も復帰できず...

この状態では生活のQOL(生活の質)が低いままとなります。

対策としては、白内障術後でも中程度の近視に対応したメガネと行きたいところですが、いかんせん、術後1週間でのメガネ作りは状況によって変動しやすいため、作るのはリスクで眼科の先生の判断も必要となります。

ただ、日々の生活と天秤にかけても、致し方なしという眼科の先生の判断もいただき、前進することに。

視力はそこそこ回復しましたが、

「見えるようになったけど、ブレて見える。」

6か月という長い期間、左右のバランスが取れない視力の状態が続いてしまい、ご本人も気づかなかった最後の関門となったのが「上下斜位」...

《つづく》

*営業案内  

明日、明後日は水・木曜日で定休日です

8月は臨時休業日がございます<(_ _)>

8月は臨時休業日がございます

*営業時間

営業時間は10:00~18:00

*ご来店前にお電話を

●ご予約電話 0744-42-7105

そろそろ、ニュースレターを

日々の雑感。

いろいろとありすぎて、時の流れが読めない時代ですが、生活の「ライフライン」としてのメガネのお困りの相談から、目前に迫ったイベントを楽しむ時のためのメガネのご要望まで確実にあるのですね。

何かのヒントになりそうな事も盛り込んで、ニュースレターを作成中です。

届くまで、もうしばらく、楽しみにお待ちくださいね。

*営業案内  

水・木曜日は定休日です

8月は臨時休業日がございます<(_ _)>

8月は臨時休業日がございます

*営業時間

営業時間は10:00~18:00

*ご来店前にお電話を

●ご予約電話 0744-42-7105

次はどれにしようかな…

自分で選ぶと、また、以前の持っていたものに近いテイストのモノを手に取ってしまう...のはよくある事です。

ただ、少し視点を変えるだけで、新しいイメージの世界が広っている事に気づけることがあります。

本日のANNE&VALENTINE は、

作品名が「REBUILD(リビルド)」

REBUILD:「再構築」を意味します。

こちらを選んだ方の感性の「再構築」できたと感じる瞬間がありました。

人は見かけによらず、ある時、何かのきっかけで感性が今までを振り切って、さらに進化する瞬間があります。

そのきっかけのひとつになるかもしれません。

*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※

日常の周囲にある「常識」という枠組みから、

思いっきり外れてみることだね。

江之浦測候所 @小田原

*営業案内  

明日・明後日(水・木曜日 )は定休日です

青色・水曜・木曜がお休みです

*営業時間

営業時間は10:00~18:00

*ご来店前にお電話を

●ご予約電話 0744-42-7105