「視力測定」カテゴリーアーカイブ

悩ましい選択「W持ち」でいくか?

どこを見たいかという目的を優先順位で考える

遠方専用「単焦点」使いでそれとなく40歳を過ごし、少し上り坂(50歳に近づく頃)になると、手元を見ることへのの不都合が出てきます。

少し前までは、なんもと感じなかったのに...です。

これが目の老化現象(調節負担が増えてきた)証拠です。

この時点で、今までのような1つのメガネで遠くも手元も..という無理は通用しなくなっているので、(年貢の納め時(=>_<=) 用途別に持つかどうかという選択に迫られます。そのための累進屈折力レンズ、遠近両用・中近レンズなどがあります。

さらに、室内生活が仕事を含め、今まで以上に多くなっている方では、遠方用のどこまで必要か?というターゲットも悩みの種になります。

昨日もお話しがあった例で、自動者の運転や釣りで竿の先までしっかりと見たいとい場合、これに満足なメガネが作れたとしても、一番多そうな室内生活でこれを使い続けると...目や身体の疲れから目の健康にも影響出るのは目に見えています。

例えですが、平坦な道を「アクセル踏み込んだまま」永遠に走り続ける車みたいなものです。いずれどこかに支障が起こるのは予想できますね。

アクセル踏み込んだまま(=>_<=)
趣味の釣りや夜間運転を楽にするメガネを室内常用で使うと…(=>_<=)

察しの早い方は、この事をお話しすると、面倒だけど、王道は「室内常用」と「夜間運転・釣り用」の「用途別の使い分け」と気づかれるはず。

メガネの「贅沢なW持ち」とビックリされるかもしれませんが、特に、「遠方用専用」のメガネの王道は実はこれかもしれません。

*営業案内  

水・木曜日で定休日です

*営業時間

営業時間は10:00~18:00

*ご来店前にお電話を

●ご予約電話 0744-42-7105

夜間ドライブで眩しさ対策

夜間の運転をされる方にとって、対向車のヘッドライト対策はだんだん難しくなってきています。昔に比べ、遠くまで、明るく照らし出します。安全のためには必要なのだろうと思いますが、照らされる側の立場に立つと、使う側の「便利」とは反面、「まぶしくて」仕方ないという声を頂きます。

「遠くまで、明るく照らす」と同時に受ける側がまぶしくないようなライトはまだ、無いようですね。

このようなお話しでメガネのご相談です。

まぶしさ軽減の対策として、レンズメーカーHOYAさんからは「キャリアカラー」というのがあります。

やや黄色味を帯びていますが、日常使いで、夜間・ドライヴィング用を兼ねることができます。

キャリアカラー MSSY15(イエロー系)

やや近視もあるので削る前はちょい厚さがありますが、

フレームのセレクトによって、スタイリッシュな仕上がりに変身です

spec espace ES-2271 x MSSY15F(HOYA)

「キャリアカラー」の一般的な特徴としては

1.シャープに見えます

2.チラツキ感が減少します

3.コントラストが向上します

青色光とよばれる短波長光を軽減するため、を夜間だけではなく、明るい昼間でも効用があります。

夜間の運転、眩しさ対策からブルーライト対策、コントラストをよくする「キャリアカラー」は今の時代の必需アイテムかもしれません。

*営業案内  

水・木曜日で定休日です

*営業時間

営業時間は10:00~18:00

*ご来店前にお電話を

●ご予約電話 0744-42-7105

禅問答

<前回記事からのつづき...>

6か月という長い期間、左右のバランスが取れない視力の状態が続いてしまい、ご本人も気づかなかった最後の関門となったのが「上下斜位」...

お客様と眼科さんとのやり取りでは、メガネ店で調整してもらって下さい…との事でしたので早速、最善な見え方になるように調整しました。

今まで、ご自身でも気づかなかったお話しですが、

見えにくくなっている事がかなり続いている、

昔からアゴを上げて見るような姿勢‥等

生活(運転・室内生活)、お仕事への復帰と、待っていられない事情も考慮し、一度、上下視線ズレの補正でお試しいたただくことになりました。

予測される結果、「スッキリと」よく見えるは良いとして、直近10日間は左右とも裸眼でボヤケ視界の生活(RLともS-3.50前後)、その前6ヵ月間が、やむなく片眼の白内障手術で左右差大きい不同視状態。今回やっと両眼白内障手術で近視の程度が揃いそうで、新しいメガネで馴染んで行けることを祈りつつ。

眼科さんでは特に言及されていなかった様子ですが、上下ダブりの問題は経過観察が必要であること、念のため、他の科(脳外科)の受診も必要である事もご案内をさせて頂きました。

測定を通じて、そこから何を読み取り、どのようにご案内(ご案内すべきか、否か…)するかは、経験を重ねるごとに難しく感じるこの頃、逆に誰もが通る道ですが、入門したての頃、経験が浅い時代は、知見が浅く、知らないことは案内出来ずというかスルー…. 

まさに煩悩、禅問答のようです。

*営業案内  

明日、明後日は水・木曜日で定休日です

8月は臨時休業日がございます<(_ _)>

8月は臨時休業日がございます

*営業時間

営業時間は10:00~18:00

*ご来店前にお電話を

●ご予約電話 0744-42-7105

白内障術後と日常生活

世間は「夏休み」というのをすっかり忘れていました。ニュースを見てようやく世間の空気(「夏休み」)に近づいたような気がします。

今日は、白内障術後の方のおはなし。

強度近視の方は一般的に白内障術後は裸眼でも多少生活しやすくなるといわれていますが、そのようにいかないケースもあります。

長年強度近視のMさまは、6か月前に右眼のみ目の白内障以外の疾患で手術をされて、同時に白内障もあり、右眼のみ眼内レンズもその時に入れられています。

結果、右は強度近視から、中程度の近視になりました。

それから6か月経て、今度は左眼の白内障手術をされて、結果、右と同程、中程度の近視になられた様子です。

こうなると、強度近視時代のメガネは過矯正となり、しんどくて使えないから術後、状態が落ち着くまでは裸眼で….。でも裸眼では目の前おおよそ30センチくらい前しか明視できず、運転も買い物も自分でできないし、今までのホームセンターのお仕事も復帰できず...

この状態では生活のQOL(生活の質)が低いままとなります。

対策としては、白内障術後でも中程度の近視に対応したメガネと行きたいところですが、いかんせん、術後1週間でのメガネ作りは状況によって変動しやすいため、作るのはリスクで眼科の先生の判断も必要となります。

ただ、日々の生活と天秤にかけても、致し方なしという眼科の先生の判断もいただき、前進することに。

視力はそこそこ回復しましたが、

「見えるようになったけど、ブレて見える。」

6か月という長い期間、左右のバランスが取れない視力の状態が続いてしまい、ご本人も気づかなかった最後の関門となったのが「上下斜位」...

《つづく》

*営業案内  

明日、明後日は水・木曜日で定休日です

8月は臨時休業日がございます<(_ _)>

8月は臨時休業日がございます

*営業時間

営業時間は10:00~18:00

*ご来店前にお電話を

●ご予約電話 0744-42-7105

国家検定「眼鏡作製技能士」

日本の国家検定で「眼鏡作製技能士」というのを、

ご存じでしょうか?

以前にもちらっとご紹介したことがありますが、実際には令和4年末くらいからのスタートとなります。

ワタシも、国家検定「眼鏡作製技能士」に合流すべく、試験を受けて参りました。

後日、良きご報告できればと思います。

国家資格「眼鏡作製技能士」でも、目の不具合を感じたら「眼科」さんでの受診を強く推奨されている事。

眼疾患の中でも自覚しにくいとされるのが「緑内障」、「糖尿病網膜症」、「網膜色素変性症」、「黄斑変性症」などメガネでは解決できない問題が潜んでいます。

また、これらは一夜漬けの治療では解決できない事が多いので、例えば、運転免許の切り替えで10日ほど前に来られた場合は、免許更新に間に合わないという事も起こります。

セラヴィ・ヨシカワでも、以前から「眼科」さんへの受診をおススメしているお客様も多いと思いますが、どうしても行きにくい方は、ご相談下されば、近隣の適切な「眼科」さんをご紹介させて頂いております。

実際には現在も「眼科受診」ご案内中の方があります。お仕事等で忙しいのは十分理解できますが、自身の将来の「眼」の健康に関わることですので、速やかな受診をしていただければと願っております。

*営業案内  

水・木曜日は定休日です

8月は臨時休業日がございます<(_ _)>

8月は臨時休業日がございます

*営業時間

営業時間は10:00~18:00

*ご来店前にお電話を

●ご予約電話 0744-42-7105

夏休みに使いたいなら今です!

毎年のことですが、お盆休みに使いたい「メガネ」は今から準備がおすすめです。特にカラーレンズや紫外線の強さで色が変わる、調光レンズ、運転時に楽な視界が得られる偏光サングラスは、お渡しまでに時間がかかることが多々あります。

1週間~10日前では間に合わないこともありますし、遠近両用レンズ、中近レンズ、デスクワーク用レンズなど、使い方になれる時間が必要なこともありますので、少なくとも以前と違う目的や仕様のレンズはじっくりと、慣れてから本番使いが最適です。

*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※

杉本博司氏 「光学硝子五輪塔」@直島 ベネッセアートサイト

何かしら不思議な存在感。瀬戸内国際芸術祭2022 夏会期(8月5日〜9月4日)も間近。さて...

7月のカレンダーです。

*営業案内  

明日・明後日(水・木曜日 )は定休日です

青色・水曜・木曜がお休みです

*営業時間

営業時間は10:00~18:00

*ご来店前にお電話を

●ご予約電話 0744-42-7105